ビジネス用のタブレットでコストカット

現代ではIT関連企業に関わらず、一般企業においてもビジネス用にタブレットが活用されており、会社側が社員に対して一台ずつ配布する事例が珍しくないほどです。中でも、業務用の空調機器を手がけている大手企業は営業担当者に対してタブレットを1000台確保し配布しました。


こうした事で、担当者がクライアントなどに対して資料を見せる際、タブレットを使用することが可能になったので、かつて作成していた分厚いカタログを作成する手間と費用が削減できるようになりました。

最近話題のbluetoothタブレットの情報を幅広く扱っているサイトです。

また、新たな製品をリリースした際には紹介用の映像ソフトをディスクに記録して配布していたものの、その場でディスプレイ上で見せることにより一年間でおよそ三千万円ものコストを削ることができたのです。

そして、ビジネス用として採用する場合は決して営業担当のみに恩恵があるわけではなく、業務に纏わる中心的な役割に成長することもあります。

Girls Channel情報収集ができます。

特に、飲食店や小売店に関してはレジの代わりにタブレットを採用することが可能であることから、新規オープンする際に高額なレジを手配する必要が無いというメリットがあるのです。

持ち運びに長けている小型な形状であることから、商品を選んでいるお客様の元に行き、その場で支払いをするといった使い方も行えます。そのため、支払いのためにお客様を店内で歩き回らせることが無いので、タブレットを小売店のビジネス用に使えば顧客満足度に直接的に影響します。